WORKS

作品

MITOCHONDRIA# 227 / ROOTS OF THE INVISIBLE   (2023)

MITOCHONDRIA# 227 / ROOTS OF THE INVISIBLE (2023)

Sophie Borneck

ソフィー・ボルネックの2014年から続くミトコンドリアのシリーズは、パターンの蓄積と彼女自身の記憶と執念の再編に取り組みの成果でした。創造の自動性と初期の形態を追求するこのシリーズは、今も進化をし続けています。 微小なものから全体へのつながりを求め、ミトコンドリアは内面の風景として構想、制作する過程で、それはまるでカラフルで鮮やかなレントゲン写真、かつ自画像と内面の探求でもあるのです。 記憶や感情から発展し、色のパッチから進展し、さらに動きへと進化するミトコンドリアは、その独自性において独特で個性的であり、最終的にはその組み立てから生まれる無意識で認識可能なイメージを構築します。 それらは浮遊し、時折、現れたと思ってはすぐに消える、風に触発される雲を思わせます—時とともに変化する記憶のように、絶えず進化しています。 この芸術的探求の核心にあるのは、ミトコンドリアが秘める記憶とその伝達について飽くなき問いかけなのです。彼らは生命の細胞の根本的で増殖する活力を象徴し、その本質において普遍的でありながら、個々の本質において独特です。 Working on the accumulation of patterns and the rehashing of her own memories and obsessions, Sophie Borneck gave birth to her first Mitochondria in 2014. Since then, this series has continued to evolve over time, guided by an automatism of creation that seeks to exhaust its initial form. Linking the tiny to the whole, the Mitochondria, conceived as inner landscapes, offer a colorful and vivid radiography of the process of creating the canvas, akin to a self-portrait and an intimate exploration. Developed from a memory or emotion, starting from color patches and evolving into motion, the Mitochondria, unique and singular in their individuality, eventually build unconscious and recognizable images arising from their assembly. They become hypnagogic, evoking clouds that sometimes create fleeting and ephemeral shapes, appearing legible before instantly disappearing—much like memories transforming with time, in constant evolution. At the core of this artistic exploration, the Mitochondria provoke questioning about memory and its transmission. They symbolize the essential and proliferating sap of the cell of life—universal and yet uniquely individual in its essence.

 550,000 円(税込)

作品をご購入の方は、こちらよりお問い合わせください。

作品購入のお問い合わせ

acrylic and ink on canvas/キャンバス、アクリル絵具、インク

97 × 130 cm

Recommendations